日給のメリットとデメリットとはどんなことか

知らないと損をする日給月給制

仕事を探していてやはり一番気になるのが、給与です。求人の広告を見ていると、給与につてい色々と記載されています。アルバイトやパートなどの場合、多いのが時給制です。時給制は、働いた時間分の給与が支払われます。ですので、例えば4時間働けば、1時間の給与×4時間分支払われます。そのため、長時間働けば受け取る給与も多くなります。ただし、勤務時間が少なければその分給与も減ってしまうのがデメリットでもあります。また、契約社員や委託社員などの場合、時給ではなく日給の場合があります。日給は、時給と異なり1日いくらと決まっています。

日給と似た表記で日給月給があります。企業によって、算出方法が異なる場合があるので、チェックする必要があります。日給月給にすると、給与支払日を1ヶ月に1回にすることができるので、多くの企業が採用しています。そのため日払いなどをしてもらえません。また、休んだ日の給与は、支払われないので勤務日数によって支給される給与が毎月変動してしまいますので、家族を養っている場合は、注意も必要です。試用期間の間だけ日給月給と言う企業もあるので、面接の際に確認しておくと働き始めてからのトラブルも防ぐことができます。