日給のメリットとデメリットとはどんなことか

日給のメリットとデメリットとはどんなことか

日給とは、一日いくらと定められた給料のことです。働いた時間に関係なく、一日の労働に対して給与が決められているため、働いた時間が短ければ、それだけ時給に換算した場合は高くなると言うのがメリットです。また日給月給制と呼ばれる、日給を働いた日数分かけた給料を月給として支給するシステムが導入されている場合は、非常に給料の計算がしやすいと言うのもメリットのひとつです。

しかし、働いた時間が関係していないと言うことは、残業などをしてもその分は加算されないと言うのが、日給のデメリットと言えます。日給で確認すると高い給与でも、実際に働いた時間で割ってみると、驚くほどに低い時給だったと言うことも少なくはありません。また働いた日数分に応じて給与が決まるため、事情によって働くことが難しくなり働く日数が減った場合は、得ることができる給与も少なくなると言うのもデメリットです。

日給制は、働く日数が限定的な単発、短期のアルバイトなどに適用されることが多い給与体系です。この場合、それを繰り返すことで賃金を確保することは可能ですが、社会保険などに加入することはできないため、生活の安定をはかることにおいてのデメリットが生じます。また最近では、働いた日数に応じて給与を支払うと言うわかりやすさから、日給月給制を導入している会社も多くなっています。会社にとってみれば、月給制に比べると支払う賃金を抑えることができると言うメリットがあるのかもしれませんが、労働者側からしてみると、ある程度の日数を働かなければ、安定した賃金を得ることが難しいと言うデメリットがあります。ですから労働者側は、単純な金額だけに目を奪われるのではなく、実労働時間に換算した場合、時給としてはいくらなのかなどを冷静に見極める必要があります。